更新情報・お知らせ

2019/06/11
九州農政局様が主催する「肉用牛・酪農経営における先進技術活用推進ミーティング」に出展します。
2019/06/10
ホームページを公開しました。

ルミログ®開発秘話

2017年10月某日・・・秩父のある酪農家さんから

『手間がかからず牛の行動が分かって、小規模の農家でも使える安価な仕組みを作れない?』

と言われたのをきっかけにルミログ®の開発はスタートしました・・・

rumilog

※ルミログ®とは反すうの記録(Rumination Log)の略です。


それから2年間・・・、さいたまの酪農家さんたちにご協力いただき開発を進めました。。

rumilog rumilog
rumilog rumilog

ルミログ®のシステム概要及び特徴と導入効果

rumilog

特徴・導入効果

1.低コスト・・・・活動データの提供のみ。(データ分析等は行いません。)

2.メンテナンスフリー・・・・センサーは定期的に電池交換等必要ありません。

3.高精度データ・・・・実行動と比較して8割~9割のデータ精度です。

4.移行期の牛の活動をモニターし、移行期の事故の予防に役立てます。

5.採餌時間や反すう時間から治療の効果等を確認する事が可能です。

ルミログ®のご提供データ

データで確認可能な活動

1.採食活動

2.反すう活動

3.静止状態

4.その他の動き

データの提供方法について

1.1日の各牛の活動詳細データ(24時間分2分区切り)

2.1日毎の活動割合の推移(週間推移・月間推移)

3.牛の活動量が著しく低下した場合や治療後の活動状況の個別連絡対応

1日毎の活動詳細 rumilog
活動割合の推移表 rumilog

導入費および利用料概算(5年契約)

  月額利用料モデル 買取モデル(月額利用料なし)
利用頭数 20頭まで
導入初期費用 594,800円~ 1,644,800円~
月額利用料 22,500円 0円
上記価格は希望小売価格となります。
21頭以上はお問合せください。

その他

ルミログ®の開発にあたっては、埼玉県からもご支援をいただきました。

平成30年 埼玉県ものづくり技術・製品開発支援事業補助金採択


埼玉県経営革新計画承認

埼玉県経営革新計画2018

農林水産省 つながる農業技術サイトに掲載中。

~現場のニーズと、新たな技術を、つなぐ~「つながる農業技術サイト」品目:酪農

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/needs/tsunagi_dairy.html

ルミログ®の知財関連につきましては以下の状況となっております。

特許登録 情報処理システム及び反すう時間の算出方法(特許6384745)
実用新案登録 草食家畜の摂食状態検出器(実登3216280)
商標登録出願 ルミログ
特許出願 行動検出装置及び行動検出方法(特願2019-33813)
意匠登録 無線タグ用ケース(意願2019-5225)
本掲載内容は2019年5月1日時点の情報であり、事前の告知なしに変更する可能性があります。

ルミログ®に関するお問い合わせ

光和ネットサービス株式会社
担 当 企画部 宮原利之
E-Mail rumilog@kowa-ns.co.jp